2345

何を食べたら良いのかわからない

私たちの身体は、60兆個の細胞から構成されています。古くなった細胞は絶えず分解され、新しい細胞が次々と合成されていくという仕組みで成り立っています。「人間の細胞は日々生まれ変わっている」なんて話を耳にしたことはありませんか?
新旧の入れ替わりの中で、細胞が分解されていく働きを「異化」、新しく合成される働きを「同化」と呼び、両者のバランス具合で健康か否かが左右されます。

食べ物が身体をつくる

異化と同化の構成に必要なのが食べ物の栄養分であり、何を摂取するかによって身体への影響も変わってきます。
今のあなたの体型や体重は、過去の食べ物の蓄積なのです。ご自身の外見に対して「少し太りすぎかな?」と感じるようでしたら、運動よりもまず、食事内容から見直すべきかもしれません。肉体改造の効果を上げるには当然運動も必要になりますが、その筋肉づくりに一役買ってくれるのもやはり食べ物です。
ライフサイクルに見合った栄養を摂取し、代謝が正常に行われる状態を維持しましょう。

何を食べたら良いのか?

食事の工夫が重要だという事は理解出来ても、実際口にする物を選択するとなると「脂肪分や炭水化物は太りやすいからダメ」「甘いお菓子は危険だ」「ヘルシーな野菜のみでも代謝が悪くなる」などと考えてしまい、結局何が1番良いのか困惑してしまう方も多いのではないでしょうか?
異化と同化の仕組みについて先述しましたが、この2つの働きを助ける重要な栄養素は、タンパク質だといわれています。タンパク質が不足した食生活を送ると、仮に体重が減ったとしても、異化と同化が正常に働かないため、基礎代謝が低下した痩せづらい身体へと変化してしまいます。
代謝の活性化を促し、筋肉強化に役立つタンパク質は、ダイエット中だからこそ摂るべき栄養素です。

神奈川県川崎市に所在する当ジムは、筋トレ中の食事について、タンパク質を中心としたメニューを紹介しています。もちろん、タンパク質だけが重要なのではなく、炭水化物や脂質など、その他の栄養素を適切にとることも大切なので、特定の栄養素だけに頼るという方法は推奨していません。
様々な栄養素をバランス良く組み合わせながら、健康的な身体づくりを目指していきます。食事指導を取り入れた筋トレプログラムに興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。